眼科医

近視対策にレーシック

目に何らかの症状が出ている方は多いです。
特に多いのは近視ではないでしょうか。
近視というのは視力が悪くなってしまい、特に遠くのものが見えにくくなってしまう症状のことです。

近視になっている人の数はかなり多くて日本中に存在しています。
近視になると、コンタクトレンズやメガネによって視力を矯正しないと日常生活に大きな支障が生じてしまうことになります。
したがって、多くの人が苦労をしています。

特にスポーツなど激しい動きをする必要のある場合はメガネなどがとても邪魔になってしまいます。
また、コンタクトレンズが体に合わないという人も多いです。
メガネをかけるのは嫌だから近視の状態のまま日常生活を送っている人もいます。

これまでは近視になってしまうとそれを完全に治す方法はありませんでした。
しかし、数十年前から角膜を手術することによって、視力を回復させる方法が研究されてきました。
そして、現代ではレーシック手術として視力を回復させるための方法が考案されたのです。

レーシック手術は世界中で色々な人が受けていて、実際に近視の状態を脱することができています。
レーシック手術はレーザー機器を用いて角膜を削る手術を行います。
人間がものを見る仕組みというのは、外部からの光を目の中に通して集めて、それを網膜上に焦点が作られるように角膜で光を屈折させます。

この角膜の働きがおかしくなってしまうので近視が生じるのです。
角膜を削ってしまうとそれが復活することはありません。
そんな大切な組織を削ってしまっていいのかと思う方がいるかもしれません。

しかし、角膜を削り、それが元に戻らないということは一度レーシック手術を受けてしまえば後はずっと視力が良い状態を維持できるということなのです。
レーシック手術は今でも問題は一部に残っていますが、非常に安全性の高い手術となっています。
近視の方は自分の目が悪いことが当たり前のことであり、もう一生改善できないと諦めているかもしれません。
しかし、レーシックを受ければ視力は元に戻ります。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.