眼科医

レーシックの失敗ってあるの?

レーシック手術には果たして失敗はあるのでしょうか。
レーシック手術の症例数は毎年増えていて、数多くの方が手術を受けているのですが、実は一部に失敗してしまった例が存在します。
絶対に安全な手術などは存在しないのですが、レーシック手術を受けるのであれば、できれば失敗はしたくないものです。

それではどのような失敗例があるのかを紹介しましょう。
レーシック手術の失敗でよくあるのは過矯正です。
つまり視力を良くしすぎてしまい、それによって逆に見えづらくなってしまいます。

遠視と同じような症状になってしまうことです。
この場合は、角膜の厚さにまだ余裕がある場合は再手術を受けることによって、視力を正常な状態に戻すことはできます。
過矯正の状態が続いてしまうと目が疲れやすくなってしまいます。

頭痛や肩こりなどが日常的に生じるようになるので普通に生活をするのが困難になってしまいます。
このような症状が出た場合は気をつけましょう。
また、光が眩しくなってしまうこともよくあります。

通常はレーシック手術後に太陽の光などが極端に眩しくなってしまう症状が出ることはよくあることなのです。
しかし、そのような症状は時間が経過するとともに収まっていくのが普通です。
しかし、ごくまれにこの症状がずっと続いてしまう可能性があります。

ひどい場合はサングラスなどをしないと目を開けられなくなってしまいます。
レーシック難民と呼ばれている人達はこの症状に悩まされている事が多いです。
他には、レーシック手術中に細菌に感染してしまう例があります。

この場合はレーシック手術自体に問題があるというよりは、その医療機関の衛生管理がいい加減なせいで起こってしまうことがあります。
過去に感染症によって医療機関を訴えた人がいます。
現在ではこのような初歩的なミスはほとんど無くなっていますが、まともな医療機関でレーシック手術を受けることをおすすめします。
このような失敗例があるので、医療機関の質には十分に気をつけましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.