眼科医

レーシックで失明する?

レーシックには様々な悪い噂が存在しています。
その中の一つとして失明をしてしまうのではないかという不安を持っている人もいます。

それでは、レーシック手術によって、失明してしまう可能性はあるのでしょうか?
失明をする危険性があるのであれば、この視力回復手術を受けたくないと考える人もいるでしょう。

それでは、実際にはどうなっているのかを説明しましょう。
結論からいうとレーシックにより失明をしてしまう危険性はほぼ無いといって良いでしょう。

そもそも本当に失明をしてしまうのであれば、国が認めるようなことはしません。
日本だけでも毎年数十万人がレーシックを受けていますが、実際に失明をしたという事例はありません。
仮に失明した人がいるのであればそのことがニュースになるはずですが、そのようなことは今までにありません。
したがって、失明の心配をしなくても良いと考えていいのです。

レーシック手術は最新の機械を用いて行われます。
きちんと機械で制御された状態で目にレーザーを照射するので万が一の心配も必要ないのです。

ただし、一切危険性が無いというわけではありません。
様々な種類の後遺症になってしまった方はたくさん存在しています。
後遺症に関しては、短期間で治る人が多いのですが、まれにずっと症状が残ってしまうケースもあります。

後遺症に関してはこれからレーシック手術の技術が発展すればさらに確率を低くすることができるでしょうが、現時点では割合は小さいですが後遺症になる人も存在しています。
手術を受けるかどうか決めるときに最悪の状態を想定することは悪いことではありません。
むしろ、レーシックは100%安全であると信じきるような態度を取ることの方が危険な考えであるといえるでしょう。
しかし、失明になってしまうかもしれないという考えを持つのはあまりよくありません。
必要以上に悲観的になってしまうとレーシックを受けるのが怖くなるので気をつけましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.