眼科医

レーシックで視力回復

視力を回復させることは昔から医療の一つの目標として存在していました。
現在では医療がかなり発展しているので、昔ならば不治の病とされていた病気でも治療することができるようになっています。
したがって、視力を回復させることも簡単なようですが、実際にレーシック手術で完璧に視力を回復できるようになったのはつい最近のことなのです。

角膜を手術することによって視力を回復させようとする試みは数十年前からの歴史がありますが、その技術がこの10年ぐらいでやっと確立されて、多くの人が視力を回復できるようになっています。
レーシック手術では主に近視を治すことができます。
メガネをかける、コンタクトレンズをつけるなど一時的に視力を矯正するのではなくて、半永続的に視力が良い状態を保つことができるのです。

これは角膜を上手く削ることによって、網膜に上手く光が集まるように工夫されているからです。
毎年多くの人がレーシックによって視力を回復しています。
ただし、レーシック手術を受けたとしても将来老眼になることによって、正常な視力が保たれない可能性はあります。

これは近視などの症状と老眼は原因が本質的に異なることから生じます。
老眼は目の組織の機能そのものが衰えることから生じるのです。
このことはしっかりと認識をしておきましょう。

また、レーシック手術について調べるときは良い情報ばかりではなくて、必ず悪い情報も調べるようにしましょう。
レーシック難民という言葉があることは絶対に認識しておくべきです。
後でそんなことは知らなかったといっても意味がありません。

自分の体に関することなので、レーシック手術のメリットだけではなくて、デメリットとも向き合うことがとても重要な事となります。
レーシック手術は気軽に受けられるような時代となりました。
しかし、このような状況だからこそレーシックを受けるかどうかを決める選択は慎重になるべきでしょう。
後悔しない選択をしましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.