眼科医

老眼とレーシック

近年ではレーシック手術が盛んに行われています。

世界中でこの手術を受けて成功した人が視力を回復させて快適な生活をしています。
レーシックは確かに便利なのですが、皆さんの中には老眼を手術することができるのか気になる方もいるでしょう。

近視などの症状が無い方であっても、年を取ると老眼になってしまうケースは多いです。
多くの方が老人と呼ばれる年齢に差し掛かれば老眼に苦しむことになります。
老眼になってしまうと、近くの物が見えにくくなってしまいます。

これは非常に嫌な物です。
たとえば、新聞や本などを読むことが困難になってしまいます。
老眼鏡を使っている人はたくさんいます。

それでは、レーシック手術で老眼を治療することができるのでしょうか。
結論からいうと、完全に治療することは困難です。
老眼というのは筋肉などの機能が衰えることによって起きてしまうので、レーシックのレーザーによって角膜を削るだけでは症状を改善させることは難しいです。

しかし、レーシックを利用して老眼の症状を改善させる方法はあります。
それがモノビジョンレーシックという方法です。

これは片方の目を治療して、近くの物を見えるようにする方法です。

老眼では元々遠くの物が見えやすくなっています。
そこで、片方の目だけをレーシックにより近くの物が見える状態にすれば、どちらかの目を使って遠近両方の景色をキレイに見ることができるようになります。
ただし、このモノビジョンレーシックという方法はデメリットもあります。

非常に不自然な状態なので、慣れるまでに時間がかかります。
また、人間というのは両方の目を用いて外界を立体的に知覚するようにできているので、
この手術を受けると車の運転などが難しくなるかもしれません。
したがって、デメリットがあることをきちんと理解して治療を受けましょう。
モノビジョンレーシックに成功すれば、老眼鏡なしで快適に生活できるようになります。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.