眼科医

レーシックを行う条件

レーシック手術は症例数が増えていて、皆さんの周りの中にも受けたことのある人が多いと思います。
しかし、実はこの手術を受けるためには条件があります。
その条件を満たしていない人は受けたかったとしても、受けることができなくなるので注意しましょう。

それでは、どのような人が実際に手術を受けてもいいのか説明します。
まず、多くのクリニックでは未成年の人が手術を受けるのを禁止しています。
人間は大体20代の中頃まで成長を続けるといわれています。

したがって、未成年の段階でレーシックを受けてしまうと、その後に視力が悪くなる可能性があります。
このようなリスクを避けるために成人してから、またできれば視力の悪化が止まってから受けるのが良いとされています。

次にレーシックは角膜を削ることによって視力を回復するための方法なので、角膜にある程度の厚さがあることが求められます。

角膜が生まれつき薄いような人の場合はレーシックを受けたくても手術ができないという状況が生じてしまいます。
そのような方は別の方法に頼るしかありません。
他には、現在目の病気にかかっている人は受けることができません。

目が健康な状態でないと、レーシックを受けたとしても危険性が生じるからです。
アレルギー性の疾患にかかっている人の場合は、その症状を薬などで抑えることができないとレーシックを受けることができない場合があります。
また、目の病気だけではなくて、何らかの病気にかかっている場合は手術を受けることができないことが多いです。

特に何かの薬を飲んでいる人の場合、それがレーシックの手術の結果に何らかの影響を与えてしまう可能性があるので手術は避けたほうが良いのです。
基本的にレーシックが受けられない人というのは、手術を受けることによって健康上のリスクが生じるからなのです。
したがって、レーシックが認められなかった場合は諦めましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.