眼科医

レーシック難民

レーシック手術に関して調べてみるとよく見かける言葉があります。

それは「レーシック難民」です。

視力を回復させられると評判の視力回復手術ですが、実際に手術を受けるかどうかは慎重になる必要があります。

その理由の一つはレーシック難民が存在していることです。

それではこれは一体どのような人達なのか紹介しましょう。

レーシック手術を受けたことによって、様々な後遺症が生じてしまった方のことをこのように呼んでいます。
後遺症が出るだけではなくて、それを治療することができないでいるため難民という呼ばれ方をしています。

レーシック難民の人が訴えている不具合は様々です。
まず、光が眩しくて目を開けていられない人がいます。
太陽の光はもちろんのこと、室内の照明にも過剰に反応してしまう人がいるのです。

他には、常に頭痛や吐き気が生じている人もいます。
視力を回復することに失敗してしまった方もいます。

レーシック手術では角膜を削ってしまうので、失敗してしまうと再び手術を受けるのが困難となる場合があります。
特に元々角膜が薄かった人の場合はもう一度受けることが難しくなるので、レーシック難民となってしまうのです。
レーシック難民にならないためには医療機関選びをしっかりと行いましょう。

適切な医療を施してくれるようなところを探さないと自分もなってしまう可能性が増えてしまいます。
そして、メリットだけではなくて、デメリットにも注目をしましょう。
良い点ばかりを見ていると仮にあなたに不具合が生じたときに困ってしまいます。

あらかじめどのようなデメリットが存在するのかを自覚しておくべきなのです。
レーシックに関しては手術を受けて本当に良かったと感じる方もいれば、
受けるのではなかったと後悔している人もいます。
あなたがレーシック手術を受けた時にどのような状態になるのかを100%予測することは不可能です。
慎重に選択しましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.