眼科医

レーシックで見え方の変化

レーシック手術を受けることによって、目のレンズを削ることになります。
これによって、確かに視力を上げることができるのですが、手術後しばらくの間は見え方に違和感が生じることや、はっきりと見えにくくなることがあります。
このような症状が出てしまうと日常生活にも不便を感じることになります。

また、車の運転をすることは難しくなってしまうでしょう。
したがって、どのようなクリニックでレーシックを受けたとしても、しばらく車の運転をすることを禁止される場合が多いです。
レーシックというのは目に直接手を加える手術をすることになるので、これによってしばらく様々な症状が出てしまうことがあるのです。

たとえば、夜間に光がまぶしくて気になってしまうことがあります。
これはハロー・グレア現象と呼ばれています。
通常は手術をしてから数日か長い場合は数ヶ月続くことがありますが、徐々に症状が治まってくることが多いです。

目の見え方に関しては変化が生じることもあります。
視力を矯正していたときと比べて、景色の見え方の質が低下してしまうことがあるのです。
このような症状はほとんどの場合は回復していくのですが、場合によっては長引くこともあります。

レーシックを受けるときにはこのように見え方に変化が出てしまう可能性があることを理解しておきましょう。
目の角膜を削ってしまう手術なので、どうしても見え方が変わってしまうことがあるのです。
最悪の場合は後遺症となってずっと残ってしまいますがそのようなケースは極稀にしか起こりません。

しかし、しばらくはそのような違和感のある見え方を持続したまま生活していくことになります。
過矯正という症状が起きてしまうこともあります。
これは視力を良くしすぎてしまうことにより起きてしまうものです。
遠視と同じような状態になるので生活をするときにどうしても気になってしまうことがあります。
このように見え方の質が変化することがあるので知っておきましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.