眼科医

レーシックの後遺症

レーシック手術について調べていけば様々な後遺症が起きる可能性があることを知るでしょう。
ただし、後遺症が出る可能性は非常に低いので、安心して手術を受けることはできます。
しかし、万が一後遺症が出たとしたら、その時に慌ててしまわないようにするために、どのような後遺症が存在しているのかは知っておくべきでしょう。

そうすることによって、心構えを持つことができるようになります。
まず、ドライアイになってしまうことがあります。
これは文字通り目が常に乾燥してしまう症状のことです。

この症状になってしまうと目薬を頻繁にささなければいけなくなってしまいます。
また目の痛みが生じることもあるので避けたいものです。
通常は一定期間経つと治るのですが、まれにドライアイが治らずに続いてしまうことがあります。

角膜を削るときに神経が一緒に切れてしまうことによって生じるようです。
ハロ・グレア症状という後遺症もあります。
この症状では夜間に光がものすごく眩しく感じてしまいます。

車の運転などが困難になるのでこの症状は避けたいものです。
矯正をした部分としていない部分とで光の入り方に差が生じてしまうことによって、このような症状が起きてしまうようです。
酷い時は医師に相談をする必要があります。

過矯正になってしまい遠視に近い状態になることがあります。
近視の状態を回復させるためにレーシック手術を受けるのですが、たまに視力が過剰に回復してしまう場合があります。
これは角膜を削りすぎてしまうことによって起きてしまう可能性があります。
レーシックを受けるときには視力を指定することになるのですが、あまりにも高い視力を指定しない方が良いです。

過矯正になるとかなり疲れやすくなってしまいます。
肩こりやめまいが生じてしまうこともあるので注意しましょう。
このようにレーシックによる後遺症には色々な種類があります。
あらかじめどのような後遺症があるか知っておけば万が一その症状が出たとしてもすぐに医師に診てもらえます。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.