眼科医

レーシック手術の危険性

レーシック手術に関しては安全性や利点ばかりが強調されることが多いです。

しかし、実際にレーシック手術を受けるかどうか悩んでいる人にとっては良い点ばかりではなくて、
どれだけのリスクがある行為なのかを知りたい方が多いでしょう。

それではレーシック手術にどれだけの危険性があるのかについて紹介しましょう。

まずレーシック手術に関する被害情報はこの数年で100件にも満たないです。
したがって、大きな不利益を被ったという人の数はそれほど多くはありません。
毎年数十万人が受けるような手術になっているので、年に数十件は何らかのトラブルが起きている人がいます。

それではレーシック手術を受けることによって万が一どのような後遺症が考えられるのか説明しましょう。

まず、目に痛みを生じることや、ドライアイになってしまう人がいます。
強い光に過剰に反応してしまうようになり、サングラスなどが無いと眩しくて目を開けられないという人がいます。

このような状況の場合は手術を受ける意味がなくて、結局視力矯正をし続けた方が良かったという結果になります。
レーシック手術に関してはメリットばかりを宣伝するようなクリニックが存在します。
そのようなクリニックの場合はカウンセリングの段階でも危険性について教えてくれないことが多いです。

レーシック手術は安全性が年々向上している手術なのですが、未だに危険性が存在している手術でもあります。
したがって、手術を受けるための医療機関選びに関しては慎重にならなければいけません。
いい加減にクリニックを選んでしまい、質の悪いレーシック手術を受けるようなことが無いように気をつけましょう。

また、角膜を削る量を誤ってしまうことによって、視力を回復させることができなかったという方がいます。
この場合は、角膜の厚さに余裕があるのであれば、もう一度角膜を削ってもらう事は可能です。
このように様々な危険性も伴う手術なので、自分がレーシック手術を受けるかどうかは慎重になりましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.