眼科医

レーシック手術って保険きくの?

レーシック手術の費用は最近だんだん安くなっています。
しかし、それでも高額であることには変わりないので、できるだけ手術費用を抑えたいと考えるのは当然のことでしょう。

もしレーシック手術に保険が適用されるのであれば手術費用を安くすることができるのですが、残念ながらこの手術は自由診療となっています。

したがって、レーシック手術を受けるためには全額を自己負担しなければいけないです。

それでは、どうして保険が適用されないのでしょうか?
保険というのは健康を害する原因を取り除くための治療であれば適用されます。

しかし、近視や乱視などは視力を矯正することによって正常な生活をすることが可能です。
また、近視や乱視になったからといって死に直結するようなことはありません。
このような理由から、レーシック手術は美容整形などと同様に自由診療になってしまうのです。

また、レーシック手術の費用がクリニックによって大きく異なっているは自由診療だからなのです。
それぞれのクリニックが自由に判断をして、手術費用を決めることができるので、高い手術費用を請求するところもあれば、手術費用が安いところもあるのです。
ただし、レーシック手術の費用を医療費控除に利用することはできます。

これによって、税金を安くすることが可能です。
また、生命保険の中にはレーシック手術に対する給付金を用意していることがあります。
ご自身が加入されている生命保険をチェックしてみましょう。

医療保険の場合でもレーシック手術への給付を実施していることがあるので確認しましょう。
保険会社というのはこちらから言わないとお金を払ってくれません。
黙っていたらレーシック手術に対する給付金をもらえることは絶対にありません。

よく確認をしておきましょう。
また、将来この手術を受けたいと考えている方は、きちんとお金を貯めておきましょう。
お金が無いとレーシック手術を受けることは絶対にできません。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.