眼科医

レーシックは必要か

果たしてレーシックは本当に必要なのでしょうか?

近視など視力の悪い方の中には、この手術を受けるかどうか悩んでいる人は多いです。
その悩みの大きな理由となっているのは、そもそもレーシックを受けなければいけないのかということです。

メガネやコンタクトを使えば視力を矯正することは可能です。
副作用や後遺症の心配もありません。
また、現在メガネやコンタクトを使用していてまったく不都合を感じないのであれば、
わざわざレーシックを受けることがそれほど価値のあることなのか疑問に思う方も当然いるでしょう。

レーシック手術は簡単に受けることができるといっても、それが手術であることには変わりありません。
大掛かりな作業が必要とされるわけではありませんが、自分の体を傷つける行為であることは間違いありません。
角膜を削ってしまうことになるので、それによって様々な症状が出る可能性を秘めています。

そのことをよく理解しておくべきでしょう。
レーシック手術を受ければ視力を矯正しなくてもよくなり、視力が1.0以上の状態を常に維持できるようになります。
これはとても素晴らしいことです。

裸眼の状態で普通に生活することができるようになり、快適に行動できるようになります。
美容やファッションにとっても良い効果を発揮するでしょう。
ただし、レーシック難民という言葉があるように、怖い一面も存在しています。

年々、安全性が向上しているといっても、自分がレーシック難民にならないという保証はどこにもありません。
また、手術を受けるためにはお金もかかります。
このようなことを考えると躊躇してしまう方もいるかもしれません。
レーシック手術が必要であるかどうかを悩んでいるうちはまだ受けない方が良いでしょう。
自分で本当に必要だと思えるようになり、絶対に受けたいという気持ちが出てきたのであれば、
そのときになって初めてレーシック手術を受けてみるべきでしょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.