眼科医

レーシックと合併症の関係

レーシック手術を受けるときには合併症が発症してしまう可能性があることを知っておきましょう。
リスクがまったく無いと考えて受けるよりも、リスクが少なからず存在していることを知った上で手術を受ける方が安全です。
レーシックを受けた後に合併症になってしまい、こんなはずではなかったと考えるようなことが無いようにしましょう。

それでは、レーシックにはどのような合併症があるのか見ていきましょう。
まず、周りの景色がぼやけて見えてしまう症状があります。
この症状に関しては徐々に改善されていくことが多いです。

角膜を削る手術なので、視野がおかしくなってしまうことはよくあります。
今までとは光の入り方が急に異なるようになるので、そのために起きてしまいます。
そのような状態でも徐々に慣れていくものなのでそれほど気にする必要はありませんが、もし症状が治らない場合は相談をしましょう。

また、ドライアイになることはよくあります。
このときは点眼薬を使うことによってしだいに治っていきます。
ドライアイの状態が数ヶ月続くこともあります。

また、元々ドライアイだった人に関してはレーシックを受けたとしてもドライアイのままであることが多いです。
まれに視力が元に戻ってしまうことがあります。
近視だった人がレーシックによって視力を回復させることに成功したにも関わらず、結局元に戻ってしまうことがよくあるのです。

この場合は、酷いときには再手術をしなければいけないこともあります。
何らかの細菌に感染してしまうリスクはかなり低い確率ですがあります。
特に、クリニック側の不手際によって起きてしまうことが多いので、クリニック選びは十分に気をつけなければいけません。

過去に合併症によって訴訟を起こされているような医療機関も存在します。
このように色々と合併症の可能性があるのですが、クリニック選びをきちんとするだけで避けられる可能性は高くなります。
また、ほとんどの人は合併症とは関係のない手術を受けることができます。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.