眼科医

眼科医がレーシックをしない理由

レーシック手術はとても便利なものですが、一つ疑問があると思います。
それは眼科医自身がレーシック手術を受けたという話しをあまり聞かないことです。

本当に安全性の高い手術であり、視力を簡単に回復させることができるのであれば、
眼科医がレーシック手術を受けないのはおかしいと感じる人も多いでしょう。

それではどうして眼科医がレーシックで視力を良くしないのかについて説明をします。

まず、眼科医のすべてがこの視力回復手術に賛成しているわけではありません。
中には反対をしている人やどちらでも無いという人がたくさんいます。

また、かつてレーシック手術に関しては眼科学会でタブー視されていたことがあります。
それが未だに継続している部分があるのです。
特に年配の方ほど抵抗が強いそうです。

レーシック手術は現在ではとても安全性が保証されている手術なのですが、新しい手術法には興味を示さずに、未だに古くから伝わる方法だけを大切にしている眼科医は多いのです。
また、医師なので元々かなり慎重な性格の方が多いです。
1%でも副作用や後遺症が残る可能性があるのであれば、そのような手術を受けることを拒否するという眼科医もたくさんいます。

眼科医の先生の中にはメガネをかけている人がたくさんいます。
コンタクトレンズさえ使っていない方が多いのです。
案外最新医療に興味を示していない眼科医も多いのです。

また、そもそもレーシック手術というのはすべての人が興味を持っているわけではありません。
近視だとしてもそれほど生活に不自由するわけではありません。
眼科医の人はファッション性などを気にする必要はないので、メガネを一生かけ続ける生活をするとしても特に問題ないのです。

また、レーシック手術を受けてしまうと白内障の治療や老眼の治療が難しくなるといわれています。
眼科医というのは自分の健康を一番に気遣う必要があり、少しでもリスクのある選択をしないことが多いです。
ただし、眼科医がレーシックを受けないからといってレーシックの安全性が疑問視されるわけではありません。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.