眼科医

レーシック手術とはどういうものか

近年は様々な医療技術が発展しています。
昔では治療が困難であった病気を治すことが簡単にできるようになりました。
また、死に直結せず、今までは諦められていた症状を治療することも可能となっています。

特に多くの日本人が悩まされているのは近視です。
視力が悪い人はたくさんいます。
普段はコンタクトレンズを付けている人が多いので目立たないのですが、日本人の中には視力の悪い人はかなり多いのです。

現代ではレーシック手術を用いることによって視力を回復することができるようになりました。
これはものすごく画期的なことです。
レーシックを受けるだけでメガネやコンタクトレンズはまったく必要なくなるのです。

裸眼で普通に外を歩けるようになります。
激しい運動をしたとしても、視力が維持されます。
裸眼というのは、ものすごく快適な状態であるということを思い出せるようになります。

それではどうしてレーシックを受けると視力を回復することができるのでしょうか。
それを説明するためには人間が物を見る仕組みを説明する必要があります。
人間は外界からの光を感知することによって、物を見ることができます。

目の角膜を通った光が網膜上で像を結び、それが物として知覚されるのです。
このときに、上手く網膜上に焦点が合えばきちんと鮮明な像を見ることができます。
しかし、近視の人というのは角膜に異常が生じているので、網膜の前方で像が結ばれてしまうのです。

これによって、物がぼやけて見えるようになります。
レーシック手術では角膜をレーザーによって削ります。
これによって、角膜を通った光がきちんと網膜で焦点を結ぶことができるようになります。

きちんと計算をして角膜を削るので、確実に視力を上げることができるようになるのです。
手術はすぐに終わるので入院の必要はありません。
しばらく目を安静にしておく必要はありますが、とても快適な手術となります。
多くの人が今レーシック手術を受けているので、興味のある方は調べてみましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.