眼科医

レーシックよりも安全に視力回復する方法

視力を回復する方法というとレーシック手術を思い浮かべる方はたくさんいます。
しかし、それ以外にも色々と方法があります。
レーシック手術は最もポピュラーな方法となっていますが、後遺症が怖いという方もいるでしょう。

それではレーシック以外の方法はどうなっているのかを紹介しましょう。
まずオルソケラトロジーという方法が最近注目されています。
これは特殊なタイプのコンタクトレンズを用いて視力を回復させる方法となっています。

角膜の形を変えることによって、一時的に視力を回復させることが可能です。
主に近視の治療として用いられることがあります。
寝ている間にコンタクトレンズをつけることによって、角膜が自然と矯正されていきます。

これは一定期間経つと効果が切れるのですが、日中の間は視力が良い状態をキープできるので、たとえばスポーツにピッタリの方法となっています。
副作用などの心配は無いので安心して視力を回復させることが可能です。
他にはトレーニングによって視力を回復させる方法があります。

広告などで見かけたことがある人も多いかもしれません。
1日に数分程度のトレーニングを毎日繰り返すことによって自然と視力を元に戻そうという方法です。
基本的には眼の筋肉を鍛えることによって視力を回復させようという仕組みになっています。

この方法は一部の近視の方には効果を発揮するようです。
ただし、トレーニングはずっと続ける必要があります。
また、必ず効果があるわけではないので気をつけましょう。

このようにレーシック手術以外にも視力を回復させる方法はいくつか存在しています。
これらの方法は安全性に関してはレーシックよりも優れているでしょう。
しかし、これらの方法は確実に効果を期待できるわけではないです。

また、視力が回復する期間も一時的であることが多いです。
これらの方法に頼るぐらいであれば、レーシック手術を受けた方がより大きな効果を期待することができるでしょう。
レーシック手術の場合はかなり成功率が高くて、その効果も大きいからです。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.