眼科医

メガネ、コンタクト、レーシック、それぞれのメリットデメリット

視力が悪い方がどうやって視力を良くすればいいのでしょうか。
そのための方法としては、メガネを掛ける、コンタクトレンズをつける、レーシック手術を受けるという3種類の方法が存在しています。
それではこれらの方法についてそれぞれメリットとデメリットを説明しましょう。

まずメガネのメリットとしては簡単に利用できるということです。
メガネを購入すれば、後はそれをかけるだけで良いです。
安全性はとても高くて、目と直接触れるわけではないので、目に負担をかけるようなことはありません。

きちんと視力検査をすることによって、自分の視力を正確に上げることが可能となります。
メガネは一度購入すれば、それが壊れない限りはずっと使い続けることができるようになっています。
しかし、デメリットもあります。

まずズレやすいということです。
特に激しい運動をするとすぐにズレます。
また、耳や鼻の上などに常にメガネが触れている状態なので、これがとても気になる人も多いです。

コンタクトレンズのメリットとしては、メガネよりも快適に利用できることです。
特にソフトタイプのコンタクトレンズの場合はほとんど異物感がありません。
そして、メガネと同様に視力を正確に上げることができます。

激しい運動をしたとしてもそんなに簡単にはずれることがないので安心できます。
ただし、デメリットとしては、メガネよりも頻繁に新しくコンタクトを買う必要があります。
特に使い捨てタイプの場合は出費がかなり大きくなります。

また、人によって目の中にコンタクトを入れられない場合もあります。
最後にレーシック手術ですが、メリットとしては一度手術を受ければ裸眼の視力が良くなります。
視力を矯正するのではなくて、視力が良くなった後はその効果がずっと続きます。

したがってかなり大きなメリットがあるというわけなのです。
デメリットとしては後遺症危険性があります。
このようにそれぞれメリットとデメリットが存在しています。
違いを意識しましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持には欠かせない物 All Rights Reserved.